タトゥーはレーザーで消せる|負担をかけずに消したいなら

婦人
このエントリーをはてなブックマークに追加

肌トラブルと病院

女医

皮膚科の治療

肌トラブルのひとつであるニキビは青春のシンボルとも言われ、軽く見られがちですが、実は「尋常性ざ瘡」という皮膚の病気です。ニキビには白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビなどがありますが、白ニキビや黒ニキビを放置して炎症が起きると赤ニキビになります。これがさらに悪化すると化膿し毛穴の組織が損傷され、皮膚に凹凸ができたり色素沈着を起こす可能性が生じてきます。早い段階で皮膚科を受診すると、レチノイドなどの塗り薬や抗菌薬(飲み薬や塗り薬)が処方され綺麗に治すことも出来ます。皮膚科での治療は「尋常性ざ瘡」が治癒した段階で終了になり、ニキビ跡が残ったとしてもその治療は行われません。ニキビ跡を治してきれいな肌を取り戻したい場合は「美容皮膚科」という選択肢があります。

きれいな肌をつくる病院

美容皮膚科はきれいな肌を作ること目的とした診療科です。美容皮膚科が標榜科(病院などが広告や表示をして良いと認められた診療科目名)として認められたのは2008年で歴史の浅い診療科です。保険診療ではなく自由診療のため治療費が高額ですが、近年美肌に対する意識の高まりから急成長を遂げています。ニキビ跡の場合ではケミカルピーリングやレーザー、光治療などが行われます。この他にシミやそばかす、肝斑、シワ、美肌や美白などの治療が行われています。エステサロンでも肌のケアは行われていますが、似たような薬剤や機材が使われていたとしても効力や安全性は美容皮膚科とは違います。美容皮膚科は医療機関で、万が一何らかのトラブルが発生した場合でも医師による迅速で適切な処置も可能です。エステサロンはきれいな肌を維持するところと考えたほうが良いかもしれません。